ダウンロードデータ(Exel)で航空券番号を利用するとき

ダウンロードしたデータは、Excelで利用することができます。ただし、ダウンロードファイルをそのままExcelで開くと、航空券番号の末尾番号が表示されません。航空券番号情報の正確な確認が必要な場合に利用するテキストファイル形式への変更について説明いたします。

1ファイルの名称を変更

イメージ

ダウンロードしたファイルをデスクトップなどに保存します。
ダウンロードしたファイルをクリックし、「ファイル」メニューから「名前の変更」を選択します。

Point!

  • ダウンロードファイルは開かないで、デスクトップなどに保存してください。開くと、末尾番号が表示されません。
  • ファイルのアイコンをマウスの右ボタンでクリックし、メニューから「名前の変更」を選択してもかまいません。

2ファイル名の拡張子を「txt」に変更

イメージ

ファイル名の末尾の「csv」を「txt」に変更します。

Point!

イメージ

「csv」が表示されない場合
Windowsの初期設定では、ファイル名の末尾につく拡張子「csv」が表示されません。「csv」を表示するには、フォルダの「ツール」メニューから「フォルダオプション」を選択し、「フォルダオプション」ダイアログの「表示」タブの詳細設定で「登録されている拡張子は表示しない」のチェックをはずしてください。

用語【拡張子】
ファイル名の末尾に付く3文字の記号。Windowsでは、この記号によって、ファイルの種類が判別されます。

3「はい」をクリック

イメージ

警告ダイアログが開くので「はい」をクリックします。

4ファイルの名称を確認

イメージ

ファイル名の末尾の拡張子がtxtになり、アイコンが変更されます。

5Excelで保存したファイルを開く

イメージ

Excelを起動し、「ファイル」メニューの「開く」で、名称を変更したファイルを開きます。

Point!

Excelの「ファイルを開く」ダイアログで、ファイル名が表示されない場合は、ファイルの種類を「すべてのファイル(*.*)」にしてください。

6「次へ」をクリック

イメージ

テキストウィザードが開くので、「次へ」をクリックします。

7「カンマ」を選択

イメージ

区切り文字の「カンマ」のみにチェックをつけ、「次へ」をクリックします。

8「航空券番号」のデータ形式を 「文字列」に変更

イメージ

データのプレビューを右にスクロールし、「航空券番号」をクリックして選択します。選択後、右側の「列のデータ形式」で「文字列」に変更し、「完了」ボタンをクリックします。

9Excelにデータの取り込みが完了

イメージ