各種運賃の精算方法

ANA@deskは運賃によって精算方法が異なります。
2区間をセットでご利用いただく運賃(往復運賃、出張@割、乗継割引など)の精算方法や、ビジネスリピートの有効期間内にお使いいただけなかった場合、予約変更不可型運賃の取消手数料について説明します。
2018年2月1日より、「ANA@desk」専用の新運賃を発売いたします。新運賃は、1区間からご利用いただける予約変更可能な単区間型運賃で、航空券有効期間内に規定の券片をご利用にならなかった場合の差額精算を気にすることなくご利用いただけます。これにより、今までご愛顧いただいておりましたビジネスリピートをはじめとする複数区間型運賃の取り扱いを終了いたします。
詳しくはこちらをご確認ください。

各種運賃の精算方法

運賃種別 精算方法 有効期限内にご利用にならなかった場合
往復運賃
※2018年3月31日(土)ご搭乗分をもって終了いたします。
第1区間目:片道運賃額
第2区間目:往復運賃額-片道運賃額※
【1区間使用済みの場合】有効期限内に2区間目のご利用がなかった場合は、1区間のみ片道運賃として請求させていただきます。
【2区間とも未使用の場合】運賃の請求はありません。
航空券の有効期間内であっても4月1日以降はご搭乗いただけません。
※3月31日までに復路をご利用にならなかった場合、往路は片道運賃での精算となりますのでご注意ください。
※ANA@deskでの「往復運賃」の取り扱いは終了いたしますが、旅行会社、ANAウェブサイト(www.ana.co.jp)など、ANA@desk以外での販売は継続いたします。
出張@割
※2018年3月31日(土)ご搭乗分をもって終了いたします。
第1区間目:出張@割運賃額
第2区間目:出張@割運賃額※
【1区間使用済みの場合】有効期限内に2区間目のご利用がなかった場合は2区間目も使用済みとみなし、第2区間の搭乗予定日の運賃を、有効期限の翌月分とともに請求させていただきます。
【2区間とも未使用の場合】運賃の請求はありません。
航空券の有効期間内であっても4月1日以降はご搭乗いただけません。
【2018年1月1日以降に発券し、1区間使用済みの場合】
2区間目の運賃の請求はいたしません。
ビジネスリピート
※2018年3月31日(土)ご搭乗分をもって終了いたします。
各搭乗区間:ビジネスリピート運賃額※ 以下を比較し、総額の低い金額を有効期限の2ヵ月後のご利用とともに請求させていただきます。
1.ビジネスリピートと片道運賃との差額の合計額
2.未使用のビジネスリピート合計額
航空券の有効期間内であっても4月1日以降はご搭乗いただけません。
【第1回目のご搭乗が2018年1月1日以降の場合】
有効期間内のご利用が6区間未満の場合も、すべてビジネスリピート運賃額でご利用いただけます。未使用分の差額精算はいたしません。
乗継旅割
乗継特割
特定便乗継割引
第1区間目:乗継旅割・乗継特割・特定便乗継割引運賃額
第2区間目:乗継旅割・乗継特割・特定便乗継割引運賃額※
【1区間使用済みの場合】有効期限の1ヵ月後の搭乗分の請求に合わせて未使用分の運賃を請求いたします。
【2区間とも未使用の場合】運賃の請求はありませんが、所定の手数料がかかります。搭乗予定日の翌月分とともに請求させていただきます。
上記以外の
予約変更できない運賃
搭乗時の運賃額 未使用の場合、運賃の請求はありませんが、
所定の手数料がかかります。
搭乗予定日の翌月の搭乗分とともに請求いたします。

※ 月またがりでご搭乗の場合は、搭乗月ごとにご請求

未使用分のご請求について

第1回目搭乗日が2018年1月1日以降利用開始の「ビジネスリピート」、2018年1月1日以降に発券した「出張@割」で発生した利用不足分の差額精算は行いません。

  • 発券日が1/10、第1区間のご搭乗日が1/15、 第2区間目が未搭乗の場合のご請求時期

ビジネスリピートの差額精算について

第1回目のご搭乗が2018年1月1日以降からは、適用されません。

未使用のビジネスリピートについては、以下の(1)と(2)を比較し、総額の低い金額を差額請求させていただきます。
(1)すでにご利用いただいたビジネスリピートの金額と片道運賃の差額を合計した金額
(2)未使用となったビジネスリピートを合計した金額