株主優待番号ご案内書のご利用方法

ANA@deskでは、「株主優待番号ご案内書」を利用することができます。本パートでは、「株主優待番号ご案内書」をご利用の場合の操作方法を説明いたします。
※「株主優待番号ご案内書」をご利用いただく場合は、ANAでの事前設定が必要です。
※株主優待番号ご案内書は、法人カード・コーポレートカード(クレジットカード会社介在)をご利用の場合など、一部の契約形態においては、ご利用いただくことができません。

Point!

  • 「株主優待番号ご案内書」をご利用いただく場合は、ANAでの事前設定が必要ですので、契約時にご申告ください(企業様では設定ができません)。
  • 契約締結後に、利用を開始したい/解除したい場合は、こちらからご申請ください。
  • お客様ご自身で予約変更が可能です。(一部例外があります。予約変更できない場合にはANA@deskサポートまでお問い合わせください。)
  • ご利用いただいた「株主優待番号ご案内書」は、請求時に回収いたしますので、大切に保管してください。空港でのご提示は不要です。
  • 一部の便において販売座席数に制限を設定いたします。こちらからご確認ください。
  • 管理者にて「株主優待割引」の使用を制限している場合は、予約はできません。
  • 株主優待番号ご案内書の有効期間について

「株主優待番号ご案内書」に記載されている有効期間は、「株主優待番号ご案内書」を用いて搭乗することが可能な期間です。
優待券の有効期間内は、株主優待割引運賃として搭乗が可能です。有効期間を過ぎますと、「株主優待番号ご案内書」は、無効となります。

  • 航空券の有効期間(使用期限)について

航空券の有効期間は、以下のとおりです。「株主優待番号ご案内書」の券面に記載されている有効期間かつ、航空券の有効期間内にご搭乗ください。

  • 予約ありの場合は予約便の搭乗日まで
  • オープンチケット(予約なし)の場合は、発券日およびその翌日から起算し、90日間
  • 株主優待番号ご案内書の回収について
  • 「株主優待番号ご案内書」はご利用枚数分、後日請求時に回収させていただきますので、大切に保管のうえ、搭乗日に有効なものをご利用枚数分ご準備ください。
  • 「株主優待番号ご案内書」のスクラッチ部分は削らずにご提出ください。
  • 株主優待番号ご案内書回収時にご提出がない場合やご提出枚数に不足がある場合は、当月株主優待割引運賃にて搭乗実績のある片道運賃最高金額区間の半額相当額を不足枚数分現金にてご請求いたします。請求額の事前の案内はしておりません。

<株主優待番号ご案内書の回収方法>

(1)ANA@desk業務委託契約を有する旅行会社様の場合pdf

(2)旅行会社介在方式以外でご契約済みの企業様の場合pdf

1空席照会

イメージ

空席照会画面の「その他運賃」を選択し、株主優待割引から便を選択します。
管理者にて「株主優待割引」の使用を制限している場合は、予約はできません。

制限がされている場合の表示

2予約

予約操作については「空席照会からの予約・発券(セルフ発券)」を参照ください。

3発券

イメージ

「内容を確認しました」にチェックを入れ、発券します。