路線別運賃メンテナンス(出張者が利用できる運賃を制限する)

ANA@deskでは、出張者が特割・旅割など取消手数料が発生する運賃を利用できないよう、路線ごとに利用できる運賃の制限を設けることができます。この設定には「管理者(承認者1)」でのログインが必要です。
「管理者(承認者1)」の概要については「ANA@deskご利用の流れ」をご参照ください。

Point!

  • 制限をかけている路線・運賃においては、「出張者」と「承認者」は予約操作ができません(空席照会時に制限をかけている運賃の選択が不可)。ただし、「管理者(承認者1)」は設定後も全運賃の空席照会・予約が可能です。
  • 初期設定、新規就航路線が追加される場合は、チェックがついた状態(利用できる状態)で表示されます。制限する(予約不可としたい)場合は、チェックを外してください。

1「路線別運賃メンテナンス」を選択

イメージ

「管理者(承認者1)」でログインし、「承認者機能」をクリックし、「データメンテナンス」の「路線別運賃メンテナンス」をクリックします。

Point!

ANA@deskの「路線別運賃メンテナンス」と・ANAウェブサイト会員ログイン⇒マイメニュー⇒予約基本情報⇒よく利用する運賃両方に登録がある場合は、ANA@deskの路線別運賃メンテナンスの運賃が優先されます。

2「表示設定を変更する」をクリック

イメージ

運賃の種類を選択し「表示設定を変更する」ボタンをクリックします。

3設定方法を選択

設定方法は下記の2つからお選びください。

(1)全ての路線を制限なく利用できる設定にする場合

イメージ
  • 「全ての路線で表示」を選択するとチェックが付きます。
  • 登録します。

※「全ての路線で非表示」を選択すると、全ての路線のチェックがはずれます。

Point!

初期設定では「全ての路線で表示」にチェックがついています。
「全ての路線で非表示」を選択すると、全路線のチェックがはずれ全路線で予約不可になります。

(2)路線ごとに制限をする場合

イメージ
  • 「路線ごとに選択表示」を選択します。
    表示させたくない(予約不可としたい)路線のチェックをはずします。
  • 登録します。

Point!

特割など取消手数料がかかる運賃や、利用頻度が低い路線で、ビジネスリピートの利用を事前に防ぎたい場合は、予約ができないように利用制限を設定することができます。

4登録完了

イメージ

下記の画面の表示で、登録は完了です。

Point!

非表示設定を登録した運賃は、『出張者』と、『承認者』が空席照会した場合、運賃額は表示されますが、空席状況は非表示となり選択できません。