法人のお客様向けサービス(国内線)

ANA@deskとは、出張業務を最適化する
法人向け“インターネット出張手配システム” です。

ANA@desk 法人向け出張手配システム
  • TOP
  • ANA@deskの使い方
  • ご契約・新規お申し込み方法
  • 各種お手続き
  • 資料ダウンロード
  • よくある質問・お問い合わせ
  • 契約企業様ログインページ

ANA@desk for JCB(法人専用)ご利用規約

ご利用にあたって

ANA@desk for JCB(法人専用)をご利用の企業様は、必ず本規約をご確認ください。
お申し込みいただいた時点で、ご利用規約に同意いただいたものと見なします。
ご利用規約に同意いただけない場合は、ご利用いただけません。

【第1条】定義

①本規約において「ANA@desk for JCB(法人専用)」とは、株式会社ジェーシービー(以下「JCB」という)と全日本空輸株式会社(以下ANAという)との間でクレジットカード利用に伴う精算方法等を定めた契約(以下「加盟店契約」という)及びJCBが法人専用クレジットカードを発行する企業との間で交わす契約(以下「法人カード契約」という)が締結されていることを前提に、ANAがインターネットWEBサイトより提供する予約・発券・精算及びANA@desk専用後払い式航空券(以下「航空券」という)を使用した搭乗・精算を行うための利用形態、システムの総称をいう。

②本規約において「JCB法人カード」とは、法人カード会員(以下利用者という)がJCBに申請し発行された、利用者の役員並びに従業員等が保有するJCBの法人専用クレジットカードをいう。

【第2条】目的

ANAは、利用者が自己及び利用者の関連会社(以下、総称して「利用者等」という)の役員及び従業員等の用に供することに限り、ANA@desk for JCB(法人専用)を使用し、後払い精算によるANAの国内線航空旅客運送を利用することを許諾する。

【第3条】ANA@desk for JCB(法人専用)で利用可能な運賃種別

利用者等がANA@desk for JCB(法人専用)により利用可能な運賃種別については、ANAが別途定め、
ANA@desk for JCB(法人専用)の画面上に掲示するものとする。

【第4条】運送約款

利用者等によるANAの航空便利用にあたっては、利用する航空会社の国内旅客運送約款がそれぞれ適用されるものとする。

【第5条】発券

①利用者等は、ANAの航空便利用の必要に応じ、ANAが別途定める方法に基づき、利用希望便の搭乗予約・解約及び電子的に作成処理される航空券の発券処理(以下「発券」という)を自ら行うものとする。

②利用者等は、発券の際には、JCB法人カードを利用するものとする。

③利用者等が使用する航空券は、発券がなされた時点より効力を生じるものとし、利用者等は、ANAの運送約款、並びにこれに基づく規定、その他ANAの定める取扱いに従うものとする。

④ANAが取消手数料の対象となることを定めた運賃(以下「取消手数料対象運賃」という)については、発券の時点で、ANAが定めた取消手数料の徴収条件に従うものとする。

⑤利用者等が、予約を取得したANAの航空便について、その利用を取り止めた場合は、利用者等の責任において必ず速やかに解約処理を行うことを、利用者は利用者等に周知徹底するものとする。

【第6条】空港における搭乗手続き

利用者等は、搭乗日当日に各空港等にてANAが定める方法により航空券の正当な所有者であることを認証し、搭乗するサービスを受けることができるものとする。

【第7条】請求・支払

①本規約に基づくANAの利用者に対する航空運賃及び料金等の請求権につき、利用者等によるANAの航空便利用時点をもって、加盟店契約に基づきANAからJCBに移転するものとする。

②ANAは、利用者等が毎月1日から末日までに使用した航空券の使用実績に基づいて、航空運賃、料金等を算出し、航空券の利用日をJCB法人カードの利用日として、これらを加盟店契約及び法人カード契約に基づきJCBを通じて利用者に請求するものとする。

③利用者等が、一旦発券がなされたANAの取消手数料対象運賃の航空便予約を取消した場合、ANAの取消手数料対象運賃の航空便予約を行い、その後予約の取消を行わずに当該便に搭乗しなかった場合、若しくは複数枚綴りの回数券型運賃を運賃毎に定められた期間内に、定められた枚数を利用しなかった場合、ANAは、ANAの運賃・料金表に定める所定の取消手数料、又は過去に利用した各回数券型運賃と利用時の適用条件に適合する運賃との差額(以下「遡及金額」という)を、加盟店契約及び法人カード契約に基づきJCBを通じて利用者に請求できるものとする。

④本規約の終了後においても、利用者は、ANAに対し、利用者等が発券した航空券が使用された場合はその航空運賃及び料金等相当金額、本条第3項に定める取消手数料及び遡及金額が生じた場合はその相当額を、直ちに支払わなければならない。

⑤本条項に規定の無い精算方法については、加盟店契約並びに利用者及びJCB間にて締結された法人カード契約の定めに従うものとする。

【第8条】遡及運賃の取り扱い

複数枚綴りの回数券型運賃の遡及精算については、原則として当該回数券に記載の航空券番号の最も小さい番号について決済を行ったクレジットカード番号にて実施するものとする。ただし、当該遡及精算専用のクレジットカード番号を利用者が指定する場合はこの限りではないものとする。

【第9条】登録

①ANA@desk for JCB(法人専用)の利用に先立ち、利用者は、本規約を承認のうえ、ANA所定の方法により利用者等の登録申請を行うものとする。

②前項において利用登録申請を行った利用者のうち、JCB及びANAにて審査手続きを行い、利用登録を承認した利用者に対し、ANAは、ANA@desk for JCB(法人専用)のログインID、パスワード等を付与するものとする。

【第10条】窓口

①ANAは、前条において利用者及び利用者関連会社の登録申請を行う企業および部署を、本規約に伴う精算等に関する窓口と指定し、利用者は、この指定を変更するときは、予めANAの承認をもって行わなければならないものとする。但し、ANAは、利用者の指定に拘束されず、適宜必要と認める企業および部署宛てに通知、意思表示、交渉を行うことができるものとする。

②前項において窓口となる企業および部署は、前条にてANAに登録申請した利用者及び利用者関連会社について追加・変更が生じる場合には、ANAへ遅滞なく通知しなければならないものとする。

【第11条】登録の拒絶

JCB及びANAは、第9条において登録申請した利用者及び利用者関連会社が、以下のいずれかの項目に該当する場合、その利用者及び利用者関連会社のANA@desk for JCB(法人専用)の利用を拒絶できるものとする。
(1)利用登録申請をした利用者及び利用者関連会社が、ANA@desk for JCB(法人専用)の対象でない場合(JCB会員資格を喪失している場合、JCB使用者資格を喪失している場合、JCB個人会員の場合)。
(2)利用登録申請をした時点で、JCBご利用状況、お支払状況が不適当の場合。
(3)利用状況申請の際の申告事項に、虚偽の内容や誤りがあった場合。
(4)JCBに予め登録されている情報について、改めて確認が必要な場合。
(5)カード不正使用による被害発生時や、利用者がJCBに届け出た氏名、勤務先、住所、お支払口座等に変更があり、直ちにJCB所定の届出用紙により手続きを行わなかった場合など、ANA@desk for JCB(法人専用)による航空券予約サービスの提供が困難と予測される場合。
(6)その他、JCB法人カード会員規約等に違反した場合等JCBが利用者として不適当であると判断した場合。

【第12条】管理

①利用者は、発券した航空券の情報、ANA@desk for JCB(法人専用)のID、パスワード、紙片の航空券等、ANA@desk for JCB(法人専用)のサービスの利用のためにANAから提供されるすべての情報及び物品等(以下「航空券情報等」という)を善良なる管理者の注意をもって管理・使用する義務を負うものとする。

②利用者等が航空券情報等を紛失、盗難、滅失した場合、又はその他の事故が発生した場合、利用者は、遅滞なくその事由をANAに報告し、ANAの指示に基づき、これに対処するものとする。

③利用者等は、航空券情報等を利用者等によるANAの航空便利用のためにのみ使用するもので、これらを第三者に使用させ、又は第三者に譲渡、転貸、担保設定、開示し又は漏洩してはならないものとする。

④利用者等は、航空券情報等の管理・使用に際し、利用者等の責めに帰すべき事由により、ANAに損害が生じた場合は、ANAに対し、法令等の認める範囲において、一切の賠償の責任を負うものとする。

⑤利用者等により発券がなされた際は、その航空券が不正発券処理や不正使用されたものでも、これが利用された場合、利用者等は、ANAに対し、所定の航空運賃及び料金等相当額を支払うものとする。

【第13条】接続方式及び費用負担

①ANAのホストコンピューターへの接続を行うにあたっては、ANAが利用者に付与したID、パスワードを用いたログイン段階での操作元認証を行うものとする。

②利用者等のコンピューター端末機からANAのホストコンピューターへの接続方法については、インターネットによるものとし、必要な通信手段の手配、通信に係わる費用はすべて利用者等の負担とする。

【第14条】運用停止

①ANAは、以下の場合においてANA@desk for JCB(法人専用)の運用を停止することができるものとし、これにより利用者に生じた損害を賠償する責を負わないものとする。
(1)ANAが保守、整備、改修、機器交換のためシステムの全部又は一部を停止する場合。
(2)天変地異、騒乱、戦争、ストライキ等、ANAの管理不可能な理由によりシステムの全部又は一部を停止する場合。

②ANAは、保守、整備、改修、機器交換時等の運用停止が事前に把握可能な場合は、ANA@desk for JCB(法人専用)のWEB画面上にその情報を掲示するものとする。

【第15条】ソフトウェア障害責任

ANAは、ANA@desk for JCB(法人専用)のWEBサイトの不作動、誤操作等により利用者の被った損害について一切その責を負わないものとする。但し、ANAの故意又は重過失により生じた損害についてはこの限りではないものとする。

【第16条】端末障害責任

ANAは、利用者のコンピューター端末に障害が発生した場合、ANA提供のシステムに起因する障害であることが明白に特定できない限り、一切の責を負わないものとする。

【第17条】不正使用の禁止

利用者等は、ANAがANA@desk for JCB(法人専用)のWEB画面上に掲示した操作方法以外の方法でANA@desk for JCB(法人専用)を使用してはならないものとする。不正使用に起因する事故やANAに対して重大な影響を及ぼした場合は、利用者がその責を負い、ANAは、利用者に対して法令等の認める範囲において賠償を請求できるものとする。

【第18条】機能追加

ANA@desk for JCB(法人専用)の機能追加がなされた場合、利用者は、特にANAからの定めがある場合を除き、本規約の改訂や本規約内容の再度の承認を行うことなくこれを利用することができるものとする。

【第19条】守秘義務

①利用者等は、本規約有効期間中及び本規約の終了、解除又は失効後もなお、本規約に基づくANA@desk for JCB(法人専用)の利用に伴い知り得たANAの情報を、ANAの事前の承諾なく、第三者に漏洩、又は開示してはならないものとする。

②ANAは、本規約有効期間中及び本規約の終了、解除又は失効後もなお、本規約に基づき知り得た利用者等の情報を、利用者の事前の承諾なく、第三者に漏洩、又は開示してはならないものとする。

③前2項にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合は、秘密情報として取り扱う必要がないものとする。
(1)相手方から開示される前から公知のもの。
(2)相手方から開示された後、自己の責任によらないで公知となったもの。
(3)相手方から開示される前から、既に自己が入手していたもので、かかる事実を立証できるもの。
(4)正当な権限を有する第三者から合法的手段にて秘密保持義務を負うことなく入手したもの。

【第20条】個人情報保護

①ANAは、本規約に基づき、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」という)に規定する利用者等の個人情報(以下「個人情報」という)を知り得た場合、次項のとおり取り扱うものとする。

②ANAは、個人情報保護法に準拠した個人情報の取扱方法を「プライバシーポリシー」として掲げ、その取扱いを
ANA@desk for JCB(法人専用)画面上に掲示して適切に取り扱うものとする。

③ANAは、本規約に基づく義務の履行に際して、その業務委託先に対し、委託業務遂行に必要な範囲で、個人情報を開示できるものとする。但し、ANAは、その業務委託先に対して、本条に基づき自らが負うのと同様の守秘義務を負わせるものとし、利用者に対して、業務委託先によるかかる守秘義務違反に関し、自ら違反した場合と同等の責任を負うものとする。

【第21条】データベースの所有権・著作権

ANA@desk for JCB(法人専用)のサービス提供のため、ANAがインターネットを通じて提供するWEBサイト及び搭乗情報等のデータベースの所有権、著作権の一切の権利は、本規約の履行に当たり全てANAに帰属し、利用者は、これを抹消、複製、改変、開示してはならないものとする。

【第22条】有効期間

①本規約の有効期間は、ANAとJCBとの加盟店契約と同一とし、当該加盟店契約が終了または解除された場合または法人カード契約が終了又は解除された場合には、本規約に基づくANA@desk for JCB(法人専用)の利用も終了しまたは解除されるものとする。

②ANA、利用者及びJCBは、30日前の書面による事前通知により、ANA@desk for JCB(法人専用)の利用を終了することができるものとする。

【第23条】変更

ANAは、事前に利用者に通知することなく本規約を変更することができるものとし、変更後は、変更後の内容のみ有効とする。

【第24条】利用登録の抹消

①前条の規定にかかわらず、利用者が本規約に定める義務の履行を怠り、又は履行が困難となる恐れがある場合、若しくは利用者等に次の各号に掲げる事態のいずれかが生じた場合は、ANA及びJCBは、相手方に催告することなく直ちに本規約に基づくANA@desk for JCB(法人専用)の利用登録を抹消することができるものとする。
(1)利用者が、法人カード契約に定められた期日迄に、JCBに対する航空運賃及び料金等の支払を怠ったとき。
(2)破産手続、特別清算手続、会社更生手続、民事再生手続の申立を受け、又は申立をしたとき、若しくはそれらの恐れがあると認められる相当な理由があるとき。
(3)事業再生ADR等の任意整理を開始したとき、又はそれらの恐れがあると認められる相当な理由があるとき。
(4)公租、公課の滞納処分を受け、又は他の債権者より保全執行、民事執行を受けたとき。
(5)営業の廃止、又は変更、若しくは解散の決議をしたとき。
(6)銀行取引停止処分を受けたとき。
(7)財産状態が悪化し、又はその恐れがあると認められる相当の事由があるとき。
(8)暴力団、暴力団関係者、その他の反社会的勢力と認められる企業、組織及び個人等と、何らかの直接又は間接の取引(取引開始のための交渉、接触も含む)を行ったとき。
(9)自ら又は第三者を利用して、暴力的行為、詐術、脅迫的言辞、業務妨害行為などの行為をしたとき。
(10)自ら又はその役員若しくは従業員が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はその関係者、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」という)であることが判明したとき。
(11)自ら又はその役員若しくは従業員が、暴力団等でないことに関する相手方の調査に協力せず、又は相手方に求められた資料等を提出しないとき。
(12)利用者等がANAの信用を損なう恐れがあると、ANAが判断したとき。
(13)利用者等が1年以上継続してANA@desk for JCB(法人専用)を使用しないとき。

②利用者又はANAは、本条第1項の第1号から第12号までに定める事由に該当するときは、相手方に対する一切の債務につき当然に期限の利益を失い、相手方に対して負担する一切の金銭債務を直ちに弁済するものとする。

③前々項に定める事由により本規約に基づくANA@desk for JCB(法人専用)の利用登録を抹消した当事者は、当該抹消により、 利用者に損害が生じたとしても、当該利用者に対し、これによる一切の損害賠償を負わないものとする。

【第25条】債権管理

①ANAは、利用者に本規約第24条第1項第1号から第13号の各号に該当する事象が発生したとANAが判断した場合には、利用者等のANA@desk for JCB(法人専用)の機能を停止し、以下に定める方法にて本規約による搭乗を拒否することができる。
(1)ANAのホストコンピューターへの接続停止
(2)発券がなされた未搭乗予約記録の取消
(3)空港における搭乗手続きの拒否

②ANA及びJCBは、その判断により、いつでも利用者がANA@desk for JCB(法人専用)を通じて発券ができる利用額に、上限額を設定できるものとする。

③ANA及びJCBは、利用者に対する与信審査結果により、直ちに本規約に基づくANA@desk for JCB(法人専用)の利用登録を抹消する場合がある。

【第26条】権利義務の譲渡禁止

利用者及びANAは、相手方の書面による事前の承諾がない限り、本規約の地位、権利又は義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、又は担保の用に供してはならないものとする。

【第27条】管轄裁判所

利用者及びANAは、本規約に起因して訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所と定め、解決するものとする。

【第28条】規約に定めのない事項等

本規約に定めのない事項、本規約の解釈に疑義が生じた事項については、その都度利用者、ANA並びにJCB間で協議のうえ決定するものとする。

  • ANA@deskの使い方
  • ご契約までのステップ

お問い合わせ/お申し込み/各種お手続き

ページトップへ戻る